header_logo.GIF

海外から長期に渡り固定価格でバイオマス原料を供給できます。

気楽にグローバル・シーにお問い合わせください。

最近の記事

2020年03月25日

大泉町 太陽光発電システム設置補助金の経過措置について

住宅用太陽光発電システム設置整備事業費補助金については、令和元年度で廃止となりましたが、申請に必要な「購入電力量のお知らせの写し」の取得に時間を要すケースがあることから、令和元年度中に発電システム設置工事を終えた人、または、発電システム付き住宅を購入した人を対象に予算の範囲内において経過措置を設けます。

補助対象

次の条件を満たす人が、補助金の経過措置対象者となります。

  • 令和2年3月31日までに自ら居住する町内の住宅(店舗などの併用住宅を含む)に発電システムを設置した人、または、町内に自ら居住するため、発電システム付き住宅を購入した人であること
  • 太陽電池モジュールの公称最大出力が10キロワット未満の太陽光発電システムであること
  • 世帯全員が大泉町の賦課する町税を完納していること
  • 過去に「住宅用太陽光発電システム設置整備事業費補助金」の交付を受けていない人であること

補助金額

太陽光発電システムの太陽電池モジュールの公称最大出力に40,000円を乗じた額

なお、1,000円未満の端数が生じた場合は、その端数を切り捨てた金額となります。
また、160,000円が補助金の上限金額となります。

補助金交付の流れ

申請書類提出

太陽光発電システムの設置が完了した後に、次の書類を揃えて環境整備課へ提出してください。
なお、令和2年3月31日までに発電システムを設置したこと、または、発電システム付住宅を購入したことがわかる書類を添付してください。(申請書類でわかる場合は不要)

  • 補助金交付申請書
  • 設置した発電システムの概要等報告書
  • 発電システムの設置に要した費用に係る領収書および内訳書の写し
  • 電力受給契約申込書の写しおよび購入電力量のお知らせの写し
  • 竣工検査の試験記録書の写し
  • 町税等調査閲覧同意書
  • 発電システムの設置状態を示す写真
    (太陽電池モジュール・パワーコンディショナ・電力量計)
  • 発電システムの設置場所がわかる案内図など
  • 補助金交付請求書

受付期間

令和2年4月1日(水曜日)から令和2年9月30日(水曜日)まで
ただし、予算に達した時点で受付終了となります。

受付時間

午前8時30分から午後5時15分まで
ただし、土曜日、日曜日、祝日と年末年始の休日を除きます。

完了検査

申請書類の審査後、完了検査に伺い設置状況を確認します。
完了検査後、補助金の交付となります。

関連ファイルのダウンロード

「補助金交付申請書」などにつきましては、環境整備課の窓口において配布しているほか、次の「補助金交付申請書」などをダウンロードして、ご利用いただけます。

お問い合わせ先

都市建設部 環境整備課
電話:0276-63-3111(代表)

posted by Mark at 23:42| Comment(0) | 助成金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。